ひょうごエコタウン推進会議
 

事務局へのアクセス


神戸市営地下鉄みなと元町駅徒歩1分
詳細地図は、上記略図をダブルクリック
 

QRコード

携帯・スマートフォンでご覧の方は
下記 QRコードをご利用ください。
 
 

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER68826

推進会議の規約

  

(名 称)

第1条
本会は、ひょうごエコタウン推進会議と称する。

(目 的)

第2条
本会は、産官学の協力・連携によるリサイクルの調査・研究、地球温暖化対策等の環境技術の向上・開発及び国内外の環境ビジネスの育成・発展を
図るため、県民、事業者、行政等幅広い関係者の参画と協働のもと、ひょうごエコタウン構想に掲げる環境と調和したまちづくりを推進し、持続可能な
循環型社会を形成していくことを目的とする。

(事 業)

第3条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
 (1) 循環型社会の形成のために必要な事業の企画、立案
 (2) 循環型社会の形成のために必要な情報の収集及び提供
 (3) 循環型社会の形成のために必要な調査研究
 (4) リサイクル、地球温暖化対策等に資する環境ビジネスの事業化推進のための支援
 (5) 前号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業

(会 員)

第4条
本会の会員は、本会の目的に賛同する県民、事業者、関係団体、大学等研究機関、県、市町等で構成する。
2 会員は、理事会の承認を得て入会し、総会において報告されるものとする。

(役 員)

第5条
本会に次の役員を置く。
 (1) 会長 1名
 (2) 副会長 2名以内
 (3) 理事長 1名
 (4) 副理事長 3名以内
 (5) 理事 25名以内(会長、副会長含む)
 (6) 監事 2名
2 会長、副会長、理事及び監事は、総会において会員の中から選任する。
3 理事長、副理事長は理事の互選による。

(役員の職務)

第6条
会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。
3 理事長は、理事会を代表し、業務を総括する。
4 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるときは、その職務を代理する。
5 理事は、理事会を構成し、業務の執行を決定する。
6 監事は、本会の会計を監査する。
7 役員については、あらかじめ指定された者が当該役員の職務を代行することができる。

(役員の任期)

第7条
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2 補欠によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、辞任した場合又は任期満了の場合においても、後任者が就任するまでは、前任者が職務を行うものとする。

(顧問)

第8条
本会に顧問を置くことができる。
2 顧問は、会長が委嘱する。
3 顧問は、会長の諮問に応じ、又は、自ら意見を述べることができる。

(総 会)

第9条
総会は、毎年1回定期に開催するほか、必要に応じ開催する。
2 総会は、会長が招集し、会長がその議長となる。
3 総会は、会員の過半数の出席で成立し、議事は出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
4 総会は、この規約に規定するもののほか、次の各号に掲げる事項を議決するものとする。
 (1) 予算及び事業計画の決定
 (2) 決算及び事業報告の承認
 (3) その他本会の運営に関する重要な事項

(理事会)

第10条
理事会は、理事長が必要と判断したときに開催する。
2 理事会は、この規約に規定するもののほか、次の事項を決定する。
 (1) 総会の議決した事項の執行に関すること。
 (2) 総会に付議すべき事項の審議に関すること。
 (3) その他総会の議決を要しない事項の執行に関すること。

(事業化検討会)

第11条
本会に、循環型社会の形成を図るために必要なリサイクル、地球温暖化対策等に資する環境ビジネスの事業化に向けた研究会活動を支援し、事業化を
推進するため、事業化検討会を設置する。
2 事業化検討会の委員(委員長を含む)は、次に掲げる者から構成する。
 (1) 学識経験者
 (2) 関係事業者代表
 (3) 関係行政機関の職
3 事業化検討会の委員長は、委員の互選により定める。
4 事業化検討会の委員は、理事会で決定する。
5 事業化検討会は、委員長が招集する。
6 事業化検討会は、次の各号に掲げる事項を決定するものとする。
 (1) 事業化推進のための活動方針に関すること
 (2) 研究会への提案事項に関すること
 (3) 研究会の成果の評価に関すること

(部 会)

第12条
本会に循環型社会の形成のために必要な事項を検討するため、部会を置くことができる。

(専門委員)

第13条
本会に専門委員を置くことができる。
2 専門委員は次に掲げる者の中から、会長が委嘱する。
 (1) リサイクル・地球温暖化対策技術等及び環境ビジネス分野等に関する学識経験者
 (2) 国等の廃棄物・地球温暖化対策等の所管部局の関係職員
3 本会の事務局は、技術的・専門的事項に関して、必要に応じ専門委員に助言を求めることができる。

(会 計)

第14条
会の会計は、会費、寄付金、その他の収入をもってあてる。
2 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月末に終わるものとする。

(会 費)

第15条
会員は、別に定める会費を所定の期日までに納入するものとする。

(事務局)

第16条
本会の事務を処理するため、事務局を置く。
2 事務局は、公益財団法人ひょうご環境創造協会 資源循環部に置く。

(規約の改正)

第17条
本規約の改正は、総会の決議によらなければならない。

(補則)

第18条
この規約に定めるもののほか、本会の運営について必要な事項は、理事会の議決を経て、会長が別に定める。

附 則
1 この規約は、平成20年6月16日から施行する。
2 この規約は、平成22年4月1日から施行する。
  ・旧 財団法人兵庫県環境クリエイトセンターの東郷合併に伴い、第16条2項を一部変更する。
3 この規約は、平成25年4月1日から施行する。
  ・財団法人ひょうご環境創造協会の公益財団法人化に伴い、第16条2項を一部変更する。